Apple

AirPodsのファームウェアアップデート

iOSやmacOSほどではないが、定期的にファームウェアのアップデートが実施されているAirPods。基本的には自動的にアップデートされるような仕組みになっていますが、可能であればどのような条件でアップデートされるか知りたくなったので調べてみました。




Contents






AirPodsのファームウェアバージョンを確認する

アップデートする前に、AirPodsの現在のファームウェアバージョンを確認しましょう。

まずは下記の状態でAirPodsを用意してください。

  • iPhoneとAirPodsをペアリングする
  • AirPodsがケースの中に入っている
  • AirPodsの蓋が開いている


  • この状態にした時、あなたのiPhoneにはAirPodsの情報が表示されるはず。

    これは私のAirPods、表示名は自由に変更ができますよね。




    この表示が現れたらAirPodsはいじらず、iPhoneの「設定」アプリを開きましょう。続いて「一般」の項目を開きます。




    続いて「情報」を開きます。




    先に述べた条件が満たされている時、「情報」のページ内にあなたのAirPodsの名前が表示されるはずです。それを開いていきましょう。




    開かれたページで、あなたのAirPodsの詳細な情報を見ることができます。




    私のAirPodsのファームウェアバージョンは、「2A364」でした。
    これは10月1日現在最新のファームウェアで、9月の中旬に更新されたようです。明確な時間は不明

    「2A364」の直前のファームウェアが「1A673」だったので、大幅な更新があったのかもしれませんね。噂のBluetooth5.0とか





    AirPodsのファームウェアアップデートを実施する方法

    AirPodsのファームウェアアップデートは全自動です。

    PCのようにボタンをポチッと押してアップデートが始まると言うわけではないようです。ですが、ファームウェアが自動でアップデートされるにはいくつかの条件が満たされている必要があるみたい。

    それがこちら

  • iPhoneとペアリングされている
  • iPhoneがWi-Fiに接続している
  • AirPodsがケースの中に入ってる
  • AirPodsが充電中である


  • この4つの条件が満たされた時、自動アップデートが行われるようです。





    まとめ

    使っているうちに最新版にアップデートされることが理想ですが、電池持ちの良さゆえにAirPodsを充電する機会が少ないという人も多いはず。

    最新のファームウェアにしたいという人は上記条件を揃えた上でアップデートにトライしてみてください。

    -Apple
    -