その他

暗号資産(仮想通貨)と電子マネーは何が違う?実は○○の方がお得!?

unknown

AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

はじめに

最近よく耳にする暗号資産(仮想通貨)と電子マネー

どっちも実態がないお金とは分かるけど、明確な違いは分からない…

今回はそんなあなたに、暗号資産(仮想通貨)と電子マネーの違いと、どちらの方がよりお得なのかについて解説していこうと思います

暗号資産(仮想通貨)と電子マネーの違い

暗号資産(仮想通貨)と電子マネーの主な違いを3つあげてみようと思います

国にその価値が保証されているかどうか

・暗号資産(仮想通貨)→保証されていない

・電子マネー→保証されている

海外への送金が簡単かどうか

Line icon money transfer. Vector business symbol, logo and banner

・暗号資産(仮想通貨)→簡単

・電子マネー→難しい

価格が変動しやすいかどうか

・暗号資産(仮想通貨)→価格が変動しやすい

・電子マネー→価格が変動しにくい

どっちの方がお得なの?

今後価格を上昇させると期待されている暗号資産(仮想通貨)を持っていた方が将来的にはお得と言えるでしょう

ただ、価格が上昇することは確定されたことではないのである程度の注意は必要です

おわりに

今回は暗号資産(仮想通貨)と電子マネーの違いと、どちらの方がよりお得なのかについて解説しました

・国に価値が保証されているのは電子マネー

・海外への送金が簡単なのは暗号資産(仮想通貨)

・価格が変動しやすいのは暗号資産(仮想通貨)

・将来的には暗号資産(仮想通貨)の方がお得かも

-その他